おばちゃんでもできる

50才から新たに始めた事やソロ活などを書いています

【かぎ針編み】超簡単なシュシュの編み方 2選【初心者】

【普段はトラックドライバーしている50オーバーのおばちゃんです】

超簡単なシュシュの編み方

 

とても簡単にできる2種類のシュシュの編み方のご紹介です。

 

写真の右と左で編み方が少し違います。糸の太さとゴムの大きさも少し違うので、サイズが変わりますが、お好きな糸で作って見てください。

 

part 1

こちらの2つのシュシュは糸が違うだけで、編み方は同じです。

2段編むだけです!

材料

右 プリンセスモール col No1 (セリア)

左 もっふあ ばにら(Can★Do)

リングゴム(Can★Do) 

※ゴムはリングになっているのがオススメです。100均ならどこでも売っています。

今回は太めの物を使いましたが、中太がいいような気がします。お好みの太さで大丈夫です

 

かぎ針 10号

とじ針 ハサミ 

1段目

ゴムに糸を結びます

(糸はプリンセスモールを使っています)

輪の中に針を入れて糸を引き出します

また糸をかけて引き抜きます

ぎゅっと引き締めます。これは一目に数えません。(一目と書いてありますが↓間違いです)

くさり1で立ち上がり、輪の中に針を入れてこま編みを編みます。

ゴムが見えなくなるまでこま編みを編んでいきます。

寄せながら編むといいです。

最後までこま編みを編んだら、最初のこま編みの頭に引き抜きます。

これで1段目完成です

2段目

くさり3で立ち上がります

引き抜いた目に長編みを2目編みます

 

長編みの編み方↓

これで長編みです

 

くさり1編みます

隣の目に長編み3目編みます

くさり1して隣の目に長編み3目編みます

これを一周します

最後の目に長編み3とくさり1をしたら、最初の立ち上がりくさり3の3目めに引き抜きます。

最後にくさりを1回して引き締めて、糸処理できる分残してカットします。

とじ針に糸を通して、裏に糸処理します。

最初の糸はしも糸処理して完成です!

サイズetc.

直径約13cm

モールの糸なので、手触りが柔くて気持ち良いです。

糸が太いくてキラキラしていて可愛いです。

この編み方は太めの糸がいいと思います。

お好みの糸で作って見てください。

 

part 2

こちらのシュシュも糸が違うだけで、編み方は同じです。

1段編むだけで出来上がります!

 

材料

右 ポップスターcol No5(Can★Do)

左 グラデーションブークレ col No5(セリア)

リングゴム

かぎ針 8号

とじ針 ハサミ

 

1段目

ゴムに糸を結びます

(糸はポップスターを使っています)

輪の中に針を入れて糸を引き出します

針に糸をかけて引き抜きます

作り目ができました。これは一目とは数えません。

くさり5目編みます

針に糸をかけて、輪の中に針を入れて長編みを編みます。

 

※長編みの編み方から説明しています

 

 

 

これで長編みです

 

そのまま、くさり5目編みます

輪の中に針を入れてこま編みします

またくさり5目編みます

長編みします

くさり5目編みます

こま編みします

このくさり5ー長編み+くさり5目ーこま編みを繰り返して、ゴムが見えないように寄せながら一周編んでいきます。

長編みは編みにくいと思うので、根元を押さえて編むと少し編みやすくなります。

お好みの感じになったら、最初のくさり5の5目めに引き抜いてもう一度くさりを1回編んで引き締めます。

糸処理できる分残してカットします

とじ針に糸を通して、糸処理します

最初の糸はしも糸処理して完成です!

サイズetc.

直径約9cm

キラキラがアクセントになって、いい感じです。

1段しか編まないので、短時間でできます。

結構キツキツに編んだ方がいいです。

 

糸や色はお好みで作ってみてください。

針の大きさは、糸に書いてあるオススメかぎ針の号数で編むといいです。

 

どちらもとても簡単なので、作ってみてください。

 

【かぎ針編み】初心者さんにも簡単 可愛い巾着の編み方【100均毛糸】

【普段はトラックドライバーしている50オーバーのおばちゃんです】

初心者さんにも簡単!可愛い巾着の編み方

 

長編みだけで編める巾着の編み方のご紹介です。

初心者さんの最初に編む巾着としても簡単に編めるのでおすすめです!

 

模様を入れないので、単色よりグラデーションや段染めの糸で編むとより可愛いく見えると思います。

 

バレンタインやホワイトデーにお菓子を入れてあげてもいいと思います。

 

サイズ変更は、底の円の大きさを変えるだけなので、お好みのサイズや糸で編んでみて下さい。

材料

グラデーションウール オータム (ダイソー)

きらきらスパーク col13 (セリア)

かぎ針 6号

ハサミ とじ針 段数マーカー

円を編む

きらきらスパークで編んでいきます。

指に糸を2周巻いて指から外します。この時ほどけないように押さえておきます。

輪の中に針を入れて糸を引き出し、糸を針にかけて引き抜いて引き締めます。

この目は一目と数えません。

立ち上がりくさり2目編み、針に糸をかけて輪の中に針を入れて長編みを編みます。

輪の中に長編み12回編みます。

長編みは針に糸をかけて糸を引き出し、針に糸が3本になった状態で、針に糸をかけて左2本だけ引き抜き、また糸をかけて残りの2本を引き抜きます。

針をはずして(この時針を上に引っ張って目を大きくしてから針を外します。糸を引っ張っても目がなくなりにくくなります)

糸はしを軽く引っ張って、動く方の糸を引っ張って引き締めます。

糸はしを引っ張って引き締めます

針を戻して1目めの長編みの頭に針を入れて引き抜いて1段目終了です

2段目

円の編み方で4段編んでいきます。

増やし方は、コマ編み6目の円の増やし方と同じです。

円の編み方のブログも書いているので、わからない場合はそちらも見てみて下さい。

 

akopy.net

 

くさり2目で立ち上がり、引き抜いた目に(くさりの根元の目)長編みを2目編みます。

一目に2目ずつ長編みを編みます。

1周編んだら、最初の長編みの頭に引き抜いて2段目終了です。

最初の目がわからなくなりそうな場合は、最初にマーカーを付けておくといいと思います。

3段目

立ち上がりくさり2目して、1目めに長編み、2目めに増目します。(同じ目に長編みを2目編む)

長編みー増目を繰り返して最後まで編みます。

最初の長編みの頭に引き抜いて3段目終了です。

 

4段目

立ち上がりくさり2目して、根元の目に長編み、次の目に増目、次の目に長編みします。長編みー増目ー長編みを繰り返して最後まで編みます。

最初の長編みの頭に引き抜いて4段目終了です。

5,6,7段目

5段目6段目7段目は、増減なしで一目にひとつずつ長編みを編みます。

同じように6段目7段目も編んでいきます。7段目の最後まで編んだら、引き抜く時に糸を変えます。

最初の長編みの頭に針を入れたら、グラデーションウールを指にかけて引き抜きます。

(変える糸処理とありますが、糸をの間違いです)

後ろの糸を引っ張って緩みをなくします。

今まで編んでいたきらきらスパークは、糸処理できる位残してカットします。

8段目

グラデーションウールで、今までと同じように一目にひとつずつ長編みを編んでいきます。

10段目までグラデーションウールで編みます。10段目の最後の引き抜きで糸を変えます。

10段目最後まで編んだら、引き抜く時にきらきらスパークで引き抜きます。

11段目

きらきらスパークで、今までと同じように長編みを編んでいきます。

この時グラデーションウールは切らずに置いていきます。

最後まで編んだら、最初の目に引き抜く時に、針の上にグラデーションウールを乗せて引き抜きます。

こうするとグラデーションウールも1段上がるので、色変えの時やり易いです。

12段目

この段は、紐を通す穴を作っていきます。

立ち上がりくさり1目して、根元にこま編みをします。

こま編みを編んだらくさりを2目します。

2目飛ばした3目めにこま編みを編んでからくさり2目します。

また2目飛ばした3目めにこま編みとくさり2目します。これを繰り返して編んでいきます。

最後のくさり2目をしたら、最初のこま編みの頭にこま編みを編みます。

この時グラデーションウールに変えるので、最初のこま編みの頭に針を入れたら、グラデーションウールでこま編みを編みます。

13段目

立ち上がりくさり2目したら、根元の目に長編みを編みます。

前段のくさり2目でできたスペースには、直接スペースに針を入れて長編み2目編みます。こま編みの頭に長編み、スペースには長編みを2目を編んでいきます。

最後まで編んだら、最初の長編みの頭に引き抜いて13段目終了です

14段目

立ち上がりくさり2目して、一目にひとつずつ長編みを編んでいきます。

最後まで編んだら、最初の長編みの頭に引き抜いて14段目終了です

15段目

この段で終わりです!

最後にふちに飾りを編みます。

立ち上がりくさり3目して、根元の目に長編みを編みます。

4目飛ばした5目めに長編みを5回編みます

また4目飛ばした5目めに長編みを5回編みます

これを繰り返して、最後の手前まで編んでいきます。

最後だけ5目飛ばした6目めに長編み3回編んで、最初の立ち上がりくさり3の3目めに引き抜きます。

くさりを1回して引き締めてから、糸処理できる位残してカットします。

裏に糸処理します。他にも糸処理する所は糸処理します。

紐を編んで通す

くさり編みで紐を作ります。

私はグラデーションウールで作りましたが、きらきらスパークでもいいですし、ダイソーなどで売っているワックスコードでもいいと思います。

くさり55目編みました。長さは約31cmです。

これを2本作ります。

巾着を半分にして、端を決めます。

決まったら、とじ針に紐を通して、紐を通す穴に通していきます。

1周通したら、結びます。この時糸はしではなく、くさりの部分を結びます。結べたら糸はしはカットします。

反対も同じように糸を通して結びます。

これで完成です!

サイズetc.

ペタンとした状態で、一番上から下まで16cm、横が真ん中辺で13cmです。

底は直径9cmです。

小さめなので、飴ちゃん入れや目薬やリップなどを入れてバックに入れておくにもいいと思います。

 

こちらも糸はきらきらスパークとグラデーションウールで色が違うだけです。

底の円を6段編んだので、今回ご紹介したのより大きいですが、編み方は全く同じです。

サイズは、底の直径13cm、縦21cm、横17cmです。ちょっとした化粧品や鏡などを入れてバック入れておくのにいいと思います。

 

あまり重たい物を入れるには向いてないですが、底をしっかりしたい場合は、ダイソーのリサイクルコットンなどがいいと思います。

参考になれば嬉しいです。

 

最初にこのセット買っておくとすぐに始められます。

100均でも買えますが、こちらの方がコスパがいいです。

かぎ針だけではなく、ハサミや段数マーカー、とじ針もいっぺんに揃うのでオススメです。

 

 

【かぎ編み】初心者さん向け 可愛いアクリルたわしの編み方

【普段はトラックドライバーしている50オーバーのおばちゃんです】

初心者さん向け 可愛いアクリルたわしの編み方

 

今回は、簡単で可愛いアクリルたわしの編み方のご紹介です。

 

アクリルたわしは、洗剤を使わなくてもキレイになるたわしで、とてもエコです。

食器洗いだけじゃなく、お風呂洗いにもいいので、用途に応じて多きさを変えて作ると便利だと思います。

 

今回はワッフル模様で作りますが、この模様は小物以外にも、バックや帽子、大きく編んでひざ掛けなどでも可愛いので、ワッフル模様の編み方の練習としてアクリルたわしを編むのもいいと思います。

今回のサイズですと、コースターとしても使えます。

材料

アクリル毛糸なら何でも大丈夫です

今回使ったのは、メランジトリコ(ダイソー)です。余り糸を使いました

かぎ針 8号

ハサミ とじ針 段数マーカー

作り目

くさり編み15目編みます

1段目

くさり2目編みます

3目めの裏山に中長編みします

裏山は、くさりの裏のポコポコしてる所です

全ての裏山に中長編み編んでいきます

2段目

くさり2目して2目めにマーカーを付けて裏返します

このくさり2は長編み1目とします

針に糸をかけて、2目めの前段の中長編みの足に、横から針を入れて長編みします

これが長編みの表引き上げ編みです

 

3目め4目めは中長編みの頭に長編みします

次は2目めと同じ、前段の中長編みの足に横から針を入れて長編みします

どこに入れればいいかわからない時は、最初の引き上げ編みから3つめの足に引き上げ編みをします。

次の二目は普通の長編みをします

長編みの表引き上げー長編みー長編み

が1セットになります

これを繰り返して最後の手前まで編みます

最後は立ち上がりくさり2したくさり2目めに長編みをします

これで2段目完成です

3段目

くさり2目して2目めにマーカーを付けて裏返します

この立ち上がりくさり2を長編み1目とします。

前段を見ると、長編みがくぼんでいる目と出っぱっている目があります。くぼんでいる目には普通の長編み、出っぱっている目には長編みの表引き上げ編みをします。

最後のマーカーを付けた目にも忘れずに長編みをして3段目完成です

これを繰り返して、好みの長さまで編んでいきます。

9段目

私は9段目まで編んで終わりにします。

お好みの大きさにしてくださいね。

くさりを1回して引き締めてから、糸処理できる分を残してカットします。

とじ針に糸を通して、裏に糸を隠すようにしていきます。

最初の糸はしも糸処理して完成です!

サイズetc.

10.5cm×10cmくらいです

 

最初の写真の茶色方は、ダイソーのパティシエのナチュラルウッドです。(アクリル100%)

こちらも余っていたので編んでみました。

 

この大きさだとコースターとしても使えます。

もう少し大きくしたい場合は、作り目を増やして下さい。

 

初心者さんの練習として、アクリルたわしやコースターは大きさ的にもちょうどいいと思うので、挑戦してみて下さい。

 

【かぎ編み初心者】簡単レッグウォーマーの編み方【100均毛糸】

【普段はトラックドライバーしている50オーバーのおばちゃんです】

簡単レッグウォーマーの編み方

今回は、初心者さんにも簡単に編めるレッグウォーマーの編み方です。

 

私は仕事で作業ズボンをはいてるんですが、足がすごく冷えてトイレが近くなってしまいます。トラックが止められる所が限られるため、トイレにいかないようにレッグウォーマーを着けるのは冬の定番になっています。

首、手首、足首を暖めると暖かいですよね。

見える物ではないのですが、それでも毎年色々な毛糸で編んで楽しんでいます。

 

今回のこの柄は、編んだ柄ではなく、編むだけでこの柄になりました。どんな柄が出るのか見てみたかったのでこの糸を使いましたが、糸はお好きな物を使って編んでみて下さい。

材料

リサイクルポリエステル  サバンナ(ダイソー)  1.5玉

かぎ針  7号

ハサミ とじ針 段数マーカー

作り目

くさり50目編みます

この長さが、着けた時の縦の長さになります。今回この長さの作り目で、出来上がりが、ふくらはぎの少し上位の長さになりました。作り目は何目でも大丈夫なので、長さは調節してください。

1段目

プラスくさり3目編みます

裏山の4目めに針を入れて、中長編みをします。

針に糸をかけて引き出して、針に糸が3本かかった状態になります。

針に糸をかけて、3本引き抜きます。

これで中長編みです。

最後まで裏山に中長編みをしていきます

2段目

往復編みしていきます

くさり2目して裏返します

1目めの中長編みの奥の半目に針を入れて中長編みをします。

1目めにマーカーを付けておくと、戻ってきた時わかりやすいです。

あとは全て、奥の半目に中長編みを編んでいきます。

3段目~27段目

2段目の編み方を往復編みしながら編んでいって、足が通る幅まで編みます。

私は27段まで編んで終わりにしました。

編み始めの糸はしが左にある状態で終わりにします。(写真は右下に編み始めの糸はしがきてますが、左下にある状態で終わりにしてください)

横28cm、たて19cmになりました。

 

こんな模様が出てきました!

編んだだけで模様ができるのって、何だか得した気になります。

閉じていく

閉じる長さの3倍位の糸を残してカットします

とじ針に糸を通します。

中表にして、半分に折って閉じていきます。

立ち上がりのくさり2目の隣の目に針を入れます。

最初の目は補強のために、もう1回同じ目に通しておきます。(わかりにくくてすみません)

次の目からは、手前の目は中長編みの頭に針を通して、向かい側の目は奥の半目だけ針を入れます。

最後まで一目ずつかがっていきます

最後の目も同じ所に2回通して補強します。最後に糸処理します

もうひとつ同じ物を編んで完成です!

サイズetc.

長さ28cm、幅10cm

 

糸は1玉と半分くらい使いました。私は緩く編んだのでこのくらい使いましたが、2玉あれば余裕で編めると思います。

 

リサイクルポリエステルの段染めはこんな柄になるんですね。

同じリサイクルポリエステルで色が何色かありましたが、同じ柄なのかな?

違う色で編んでみようと思います。

 

他の糸と引き揃えたりすると、柄は出てこないので、柄を出したい場合は、1本で編むといいです。

 

手触りが柔らかくて、履きやすいです。私は締め付けるのが苦手なので、緩めに編んでみました。

履くとイメージが違いますね。

暖かいので、レッグウォーマーってクセになりますよね。

 

簡単に編めるので、お好みの糸で編んでみて下さい。

 

 

 

 

 

初心者さんにも簡単 グラニースクエアの編み方【かぎ編み】

【普段はトラックドライバーしている50オーバーのおばちゃんです】

初心者さんにも簡単 グラニースクエアの編み方

初心者さんにも簡単に編める、グラニースクエアの編み方のご紹介です。

 

私が初めて編んだひざ掛けが、このグラニースクエアの編み方で、ひたすら大きく編んでひざ掛けにしました。

今では猫の布団になっちゃいましたけど(笑)

大きさを調節すれぱ、コースターにもなるので、良かったら参考にしてみて下さい。

材料

なないろ彩色 colNo21(Can★Do)

メラジウム ブラウン(ダイソー)

(糸は何でも大丈夫です)

かぎ針 8号(糸に合った針を使って下さい)

ハサミ とじ針 段数マーカー

1段目

円の作り目で始めます

指に糸を2回巻いて、指から外します。外す時、ほどけないよう押さえながら外します。

輪の中に針を入れて、糸を引き出し、糸をかけて引き抜いて引き締めます

(この目は数えません)

輪の中に針を入れて、くさり3目編みます。くさりの3目めにマーカーを付けておきます(この目は長編み1と数えます)

長編みを編んでいきます。

針に糸をかけて、輪の中に針を入れて糸を引き出します。針に糸が3本かかった状態になります。

針に糸をかけて、左の2本だけ引き抜きます

針に糸をかけて、残りの2本を引き抜きます

これで長編みになります。

もうひとつ長編みを編みます

次にくさりを2目編みます

この長編み3目とくさり2目をワンセットと覚えておくといいと思います。(1段目のみ)

次は長編み3目編みます

くさり2目編みます

長編み3目編みます

くさり2目と長編み3目編みます

(長編み3目を4回編んでいます)

糸から針を外します。この時、針を上に少し引っ張って目を大きくしてから外します。こうしておくと、糸を引っ張っても目がなくなりません。

中心を絞ります。

糸はしを軽く引っ張ると動く方の糸を引いて引き締めます

糸はし引っ張って引き締めます

糸に針を戻します。

針を戻す時、糸を引っ張って動く方の糸が手前にくるように針を入れます。

くさり2目します

最初のマーカーを付けておいたくさり3目の3目めに引き抜いて1段目完成です

2段目

くさり3目編んで、3目めにマーカーを付けておきます。

もうひとつくさりを編みます(くさり4目編んでいます)

前段のくさり2のスペースに長編み3目とくさり2目編みます

次に長編み3目も同じスペースに編みます

この長編み3+くさり2+長編み3で角の部分になります。これは大きく編んでいっても変わりません。

くさり1をして、次のスペースに長編み3+くさり2+長編み3をします。

次のスペースに行く前は、必ずくさり1します。

またくさり1をして次のスペースに長編み3+くさり2+長編み3します

くさり1をして次のスペースに長編み3+くさり2+長編み3します

最後のスペースに長編み3+くさり2をしたら

今まではくさり2のあとは長編み3でしたが、最後のスペースだけ長編み2します

最初のくさり3の3目めに引き抜いて2段目完成です

長編み2と最初のくさり3で最後のスペースの長編み3になります。

3段目

くさり3目します

すぐ下のスペースに長編み2します

ここは側面になるので、長編み3で次のスペースに移ります。

(最初のくさり3を長編み1と数えます)

くさり1をして次の角になるスペースに、長編み3+くさり2+長編み3します。

くさり1をして、次の側面スペースに長編み3します。

くさり1をして、次の角のスペースに長編み3+くさり2+長編み3します

これを最後まで繰り返して編んでいきます。

最後のスペースに、長編み3+くさり2+長編み3編んだら、くさり1をして最初のくさり3の3目めに引き抜いて3段目完成です。

今回はここで終わりにするので、最後にくさり編みをして引き締めて、糸処理できる分を残してカットします。

裏側に糸処理していきます。

中心部分も糸処理します。

これで完成です!

 

この大きさで色を変えて何枚か編んで、繋げてブランケットにしたり、このまま編み進めて大きくしてひざ掛けにしたりできます。

このままコースターとしてもいいと思います。

 

大きくする場合は、2段目の始めと3段目の始めを交互にすればいいだけです。

 

簡単に編めるので、良かったら参考にしてみて下さい。

 

 

 

【初心者】簡単模様のネックウォーマーの編み方【100均毛糸】【かぎ編み】

【普段はトラックドライバーしている50オーバーのおばちゃんです】

簡単模様のネックウォーマーの編み方

今回は、初心者さんにも、短時間で簡単に編めるネックウォーマーの編み方のご紹介です。

私は、クシュクシュして使いたかったので長めに編みましたが、もう少し短く編んでも可愛く使えると思うので、参考にしてみて下さい。

材料

メップラメ ブラウン 2~3玉(ダイソー)

ミストヤーン コパーブラウン 1~2玉(ダイソー)

かぎ針 10号

ハサミ、とじ針、段数マーカー

作り目

くさり編みを52目編みます。この時、くさりはゆったり編んで下さい。

(2の倍数なら何目でも大丈夫なので、サイズは調節してみて下さい。)

(53目とありますが、52目です)

52目めにマーカーを付けておきます。

ねじれないように気を付けて、最初の目の裏山に引き抜いて輪にします。

1段目

くさり3目編みます。このくさり3目は、長編み一目と数えます。くさりの3目めにマーカーを付けておきます。(この後も、毎段マーカー付けておくとわかりやすいです)

 

引き抜いた目に長編みを編みます。最初のくさりの裏山に長編み2目入ってる事になります。

一目飛ばした次の目の裏山に長編みを2目編み入れます。

これを繰り返し編んで、52目のマーカーの手前まで編んでいきます。

52目めの手前の目に長編み2目編んだら、一目飛ばすので52目めは飛ばして、最初のくさりの3目めに引き抜きます。

2段目

くさり3編んだら、前段の長編み2目と長編み2目の間のスペースに長編み2目編みます。

次も同じで、長編み2目と長編み2目の間のスペースに長編み2目編みます。

最後のスペースは長編み1つだけ編んで、最初のくさりの3目めに引き抜きます。

3段目

隣のスペースから始めたいので、隣のスペースに針を入れて糸を引き抜きます。

移動したら、くさり3目と長編みをそのスペースに編みます。

あとは前段と同じように、長編み2と長編み2の間のスペースに長編みを2回編むを繰り返します。

3段目の最後は、長編み2回編んで終わります。最初のくさりの3目めに引き抜き抜いてこの段の終了です。

4段目以降

このあとは、2段目、3段目の編み方を繰り返して編んでいきます。

偶数段(4,6,8,10,12…)は、くさり3編んだらスペースに長編み2回から始まり、長編み1回で終わります。

奇数段(5,7,9,11…)は、最初に目を移動して、移動した目にくさり3と長編み1回を編むから始まり、長編み2回で終わります。

 

私は長めにしたかったので、20段(30cm)まで編みましたが、途中で着けてみて好みの長さに編んで下さい。

 

糸の繋ぎ方(マジックノット)

途中でメップラメがなくなったので繋げました。メップラメもミストヤーンも糸が細めなので、結んで繋ぎました。

結び目が小さくなる繋ぎ方です。

わかりにくいと思いますが、やってみて下さい。

20段目

私はここで終わりにします。

糸処理できる分を残してカットします。

裏側に糸処理します。他に糸処理する所があれば糸処理して完成です!

サイズetc.

サイズは、深さ30cm、幅約26cmになりました。

糸は、メップラメが2玉とちょっと、ミストヤーンが1玉とちょっと使いました。

17段目でメップラメ2玉目がなくなり、18段目でミストヤーン1玉目がなくなりました。

 

私はクシュクシュして使いたかったので、長めに編みましたが、20~25段位で終わりにすれば、メップラメ2玉、ミストヤーン1玉で大丈夫です。

 

柔らかくて暖かく、チクチクしません。

 

ダイソーのフラッフィ2本取りやミストヤーンの2本取りでも柔らかくできると思います。ミストヤーンのラピスブルーとフラッフィのグレーでもキレイな色が出そうです。

 

短時間で簡単に編めるので、いろんな糸で編んでみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

【初心者】ユニセックスなニット帽の編み方【かぎ編み】【100均毛糸】

【普段はトラックドライバーしている50オーバーのおばちゃんです】

ユニセックスなニット帽の編み方

今回は、男性でも女性でも被れるユニセックスなニット帽の編み方をご紹介します。

ポンポンを付けましたが、付けなくても全然OK です!

ポンポンの作り方は今回ご紹介していないので、また後日ご紹介したいと思います。

良かったら参考にしてみて下さい。

材料

アクリル毛糸 ネイビー 3玉(ダイソー)

ミストヤーン ラピスブルー 2玉(ダイソー)

かぎ針 10号

ハサミ とじ針 段数マーカー

作り目

今回の作り目は、くさり編みとコマ編みをいっぺんに作っていく編み方でやっていこうとおもいます。

この編み方だと、くさり編みが伸びる感じになるので、被る時、糸がピンとならずに被りやすくなると思います。

今回使用した糸が、色が濃くて目が見ずらいので、別の糸で説明していきます。

 

くさり編み2目編みます。

1目めの裏山に針を入れて、コマ編みを編みます。

この目がコマ編み1目めになるので、マーカーをつけておきます。

くさり編み2目した1目めのくさり編みの目に針を入れてコマ編みします。

今できたコマ編みの目の下のくさりの目に針を入れて、糸を引き出します。

針に糸をかけて、左の1本だけ引き抜きます。

また針に糸をかけて、2本引き抜きます。

これで2目めになります。

次もこま編みのしたにあるくさりに針を入れて、同じように編んでいきます。

 

これを繰り返して、48目編みます。

男性用の場合は、50目~52目がいいと思います。

サイズ調整は、2の倍数なら大丈夫です。

48目編んだら、輪にするので、ねじれないようにして、マーカーを付けておいた目に引き抜きます。

これでくさり編みとこま編みの作り目完成です。

これを1段目とします。

*もしこの編み方がよくわからなくて、

うまくいかない場合は、くさり編み48目して輪にしてから、こま編み編んでも大丈夫です。

2段目

この段から模様編みしていきます。

模様と言っても簡単です‼️

くさり2目編みます。

この目は一目と数えません。

同じ目に(引き抜いた目です)前段のこま編みの足に横から針を入れて長編みします。

長編みの表引き上げ編みになります。

この目にマーカーをつけておきます。

 

隣の目には、コマ編みの頭に普通の長編みをします。

次の目に長編みの表引き上げ編みをします。

隣の目に普通の長編み

これを繰り返して最後まで編んでいきます。

最後、普通の長編みをしたら、最初の長編みの表引き上げ編みの頭に引き抜きます。

3段目

くさり2したら、前段の表引き上げ編みの足に横から針を入れて、長編みの表引き上げ編みをします。

隣の長編みの頭には普通の長編み。

前段の表引き上げ編みの所には表引き上げ編み、長編みの所には長編みを編みます。

この編み方でだいだい、男性用だと30cm位、女性用だと25~27cm位になるまで編んでいきます。

 

途中経過

30cm位まで編みました

ミストヤーンが25cmくらいの所でなくなったので、結んで繋げました。(マジックノット)

 

次の段は、てっぺんを絞りやすくするために、減らし目していきます。

くさり2したら、表引き上げ編みの途中までします。

(長編みとありますが、表引き上げ編みです)

そのまま針に糸をかけて、隣の長編みの頭に針を入れて糸を引き抜くと、針に糸が4本かかった状態になります。

その状態で、針に糸をかけて、左の3本を引き抜きます。

針に糸が2本かかった状態になります。

また針に糸をかけて、残りの2本を引き抜きます。

これで二目いちど(減らし目)になります。

この目にマーカーを付けます。

 

次の表引き上げ編みの足に横から針を入れて、引き上げ編みの途中までを編んで、針に糸をかけて隣の長編みの頭に針を入れて引き抜きます。

針に糸が4本かかった状態で、針に糸をかけて左の3本を引き抜きます。

その状態で、針に糸をかけて残りの2本を引き抜きます。

これを一周します。

最後まで編んだら、マーカーを付けておいた目に引き抜きます。

くさり2したら、前段で二目いちどした足に、針に糸をかけてから入れて、表引き上げ編みの途中までします。

(長編みとありますが、表引き上げ編みです)

針に糸をかけて引き抜き、針に糸が4本かかった状態になります。

針に糸をかけて、左3本引き抜きます。

これを一周繰り返します。

絞りやすくなったと思うので、ここで終わりにします。

絞る分、横幅の3倍位の糸を残してカットします。

頭頂部を絞る

とじ針に糸を通して、二目いちどした隣に穴が空いているので、そこに針を通して、並み縫いのようにしていきます。

 

最後まできたら、引っ張って絞ります

これだけだとまだ絞りが甘いので、十字に針を入れて更に絞ります。

何回かやったら、針を裏に出して、裏で糸処理します。

(今やってるのは表なので、針を中に向けて刺して、中側で糸処理します)

他に糸処理するところがあれば、糸処理して完成です!

 サイズetc.

サイズは、高さが約31cm、横幅が被り口で24.5cm、真ん中あたりで22cmくらいになりました。

 

下を折り曲げて被る用に編んだので、深さは折り曲げて調節できます。

折り曲げるニット帽はだいたいが折っても模様が同じですが、今回は編んだのは、裏地の模様が違うので、少し変わっていて私は気に入ってます。

 

私はポンポンを付けましたが、付けなくても全然OKだと思いますし、男性用なら付けない方がいいですよね。

 

私の頭でピッタリなので、男性用を編む場合は、作り目を50目位にするといいかもしれないです。

 

なかなか自分好みにサイズを調節するのって難しくて、小さいよりは大きい方がいいかなぁとか思って編むと、本当に大きくてやり直し!とかばっかりです。

 

参考程度にしてみて下さいね。